周産期遺伝カウンセリングに関するみなさまの質問をまとめました。
予約のページへ

Q.遺伝カウンセリングではどのようなことが相談できるのでしょうか。
A.妊娠・出産に際して、「遺伝」や「遺伝子」、それに関わる病気についての不安やご家族の問題などについてお話を伺います。

Q.どのような職種の方がカウンセリングを担当してくれるのでしょうか。
.基本的なお話は、認定遺伝カウンセラーが担当いたします。必要に応じ臨床遺伝専門医も加わります。

Q.クリニックでどのような検査が受けられますか。
A.当院では出生前検査の一部を行っております。
出生前検査には、胎児が対象疾患に罹患している確率を知るためのクアトロ検査やNT計測、母体血を用いた胎児の染色体検査(NIPT)などのスクリーニング検査と、診断を目的とした絨毛検査、羊水検査などの確定検査があります。いずれかの検査を希望される場合には、一次カウンセリングとして「周産期遺伝カウンセリング」を受診していただき、検査を受けるにあたって必要となる基本的な情報提供を行います。
当院で対応できない検査は専門施設(主に昭和大学病院)にご紹介します。

Q.遺伝カウンセリングはいつ行っていますか。
A.毎週月・火・水曜日(祝日を除く)の午前中のみとなっています。
ご予約はご本人確認の必要性があるため、お電話でのみ受け付けております。遺伝カウンセリングは完全予約制となっておりますので、前日までに必ずご予約をお取りください。

Q.予約のキャンセル・変更はいつまでできますか。
A.基本的にはカウンセリング前日までにお電話にてご連絡をいただければと思います。やむを得ず、当日のキャンセルになる場合にも、必ずご連絡をいただけますようお願い致します。

Q.時間はどれくらいかかりますか。
A.およそ一時間程度のお話となります。

Q.一人で遺伝カウンセリングを受けてもいいですか。
A.原則はご夫婦でカウンセリングを受けていただくようにお願いしていますが、どうしても難しい場合には妊婦さんお一人でも対応させていただきます。

Q.遺伝カウンセリングは何週まで受けられますか。
A.当院での遺伝カウンセリングは、出生前検査全般に関するカウンセリングであり、紹介を含めより多くの検査や選択肢をご提供するために、遺伝カウンセリング当日が14週6日までの妊婦さんを対象とさせていただきます。

Q.キャンセル待ちはできますか。
A.現在、ご予約が大変混み合っているためキャンセル待ちが難しくなっております。
そのためキャンセル待ちの場合でも遺伝カウンセリング予約日の時点で15週0日になってしまう方のご予約はお断りしております。ご了承ください。

Q.検査は妊娠何週から受けられますか。
A.検査の種類によりますが、早いものだと妊娠10週以降から検査が可能になります。

Q.遺伝カウンセリングを受けた後、すぐに検査はできますか。
A.原則として、遺伝カウンセリング当日の検査は実施しておりません。
遺伝カウンセリング後、当院では出来ない検査(NIPT、絨毛・羊水検査)を希望される場合は、当院から徒歩5分のところにある昭和大学病院を紹介しておりますので、カウンセリング終了後に予約を取らせていただきます。ただし、昭和大学病院の予約状況により対応可能な日程は限られますのでご了承ください。
当院からの紹介状は会計の際にお渡し致します。次回はそれを持って、予約した時間に直接、昭和大学病院へ行っていただきます。昭和大学病院では、再度、遺伝カウンセリングを行い、検査受検の手続きを取ることになります。